”しましま線”に乗って、本とひとをめぐる小さな旅へ。

 

しましま本店は信州松本を走る地域鉄道 "上高地線"(松本-新島々14.4km)を舞台に開く小さなブックイベントです。大正10年(1921 年)に島々線として開業しまもなく100年を迎えるこの鉄道に、本を通じた活動や、地域での活動を模索する人が集まり、本屋さんを開きます。それぞれの店主が選んだとっておきの本や、居合わせた人同士でのおしゃべりなど、大人もこどもも楽しめる空間づくりを目指しています。このような活動が、ひいては沿線地域の知られざる魅力や文化を発信する一助となることができれば幸いです。キーワードは”しぜん おんせん しましま線”  電車に乗って、本とひとをめぐる、いつもとはちょっと違う1日を過ごしてみませんか。

 


次回開催のイベント

別冊しましま本店 -本と電車と山の休日-

 

日時:平成30年9月23日(日) 9時-16時

会場:上高地線新島々駅構内(改札前)/入場無料

交通:松本駅7番線から電車30分/上高地バスターミナルからバス65分

内容:古本(一部新刊本)や雑貨の展示販売

 

明治、大正、昭和と、時代を超えて人々に愛されてきた日本アルプス・上高地。その歩みは数多くの名作と共にありました。今回はその玄関口のひとつ新島々駅で、1 日限りの小さな本 屋さんを開きます。お店に並ぶのは、個性豊かな7人の店主が選んだとっておきの本たちです。気に入った一冊は、 車中の友にするもよし、旅の思い出にするもよし。もちろん、山の自然のなかでの読書もおすすめです。 山の休日を彩るそんな一冊との出会いをお楽しみください。